新宿にあるメンズ脱毛サロンdandystyle

Privacy Policy
TEL.03-6778-0582
【平日】12:00~21:00(最終受付20:00)
【土日祝】11:00~20:00(最終受付19:00)

夏の脱毛は日焼けにご注意!脱毛前後の日焼け対策!


ブログアイキャッチ

毎日の暑さが本当に厳しく、日差しから逃げるのがやっとな日々ですね。実はこの日差し、脱毛する人にとっては大敵で、うっかり日焼けをしてしまうと脱毛が受けられなくなる可能性も出てきてしまうのです。今回は、脱毛中の日焼けがなぜNGなのかと、日焼け対策についてご紹介します!

どうして脱毛に日焼けがNGなの?

では、なぜ日焼けを避けなければならないのでしょうか?脱毛中に日焼けがNGな理由は次の通りです。

・肌トラブルが起こりやすい
日焼けは、その名の通り肌が焼けてしまっている状態のため、ダメージを負っている状態です。日焼けで負ったダメージの上からさらに脱毛でレーザーや光を照射してしまうと、肌トラブルが起こりやすくなってしまうのです。日焼けには肌が赤くなる「サンバーン」と、肌が黒くなる「サンタン」があり、サンバーンは紫外線B波によって肌に炎症が起きます。赤みやヒリヒリ感が出やすいです。一方サンタンは、A波によってメラニンに色が濃くなり、2~3日後にB波によってメラニンが増加し黒くなっていきます。

・施術中に痛みを感じやすい
脱毛の施術で、レーザーや光を照射すると毛のメラニンが反応して熱が発生します。日焼けによるメラニンも、毛のメラニンと同じで熱が発生してしまいます。 その結果、照射すると痛みを感じるようになってしまうのです。

・肌に炎症が起こりやすい
日焼けをした状態がただでさえ「焼けている」状態なのに、さらに脱毛をするとやけどの状態がひどくなってしまう可能性があります。日焼けをしている場合クリニックや
サロンのよっては断られてしまうこともあります。

・脱毛の効果が低下する
たとえ施術を断られなかったとしても、照射する出力を下げて施術することになるため、結果として脱毛の効果が低下してしまい、クリニックやサロンに通う期間が長くなる可能性があります。そうなると追加料金がかかったり、予定通りに脱毛が終わらなくなったりするため、脱毛をしている期間は日焼けには十分に注意する必要があります。

脱毛前後に日焼けをしてしまったら?

もちろん、注意をしていても日焼けをしてしまうこともあると思います。脱毛前後に日焼けをしてしまったばあいの対処はどうしたらいいのでしょうか?

・まずはクリニックやサロンに相談する
もし日焼けをしてしまったら、その時点で予約しているクリニックやサロンに連絡を入れてください。日焼けした肌に施術出来るかどうか判断するのはクリニックやサロンなので、相談せずに施術当日断られてしまう前に電話などで確認をすると余計な時間を取られず良いかと思います。

・日焼けをしたら、水で冷やす
日焼けをすると炎症で痛みを感じることがあるので、痛みが治まるまで水で冷やしてください。冷やしたら、濡らしたタオルで患部を巻いておくのも○。我慢できないほど痛い場合や、水ぶくれになってしまっている場合は早めに皮膚科を受診してください。

・保湿を入念にする
日焼けした肌は刺激に弱くなっているので、入念に肌のケアをしましょう。低刺激の化粧水や、クリームを塗り、痛みが無くなっても1週間ほどは入念にケアしてください。

・日焼けが無くなるまで脱毛はお休みする
日焼けの程度によっては、施術をせずに日焼けが無くなるまで様子を見るほうがいい時もあります。無視して施術してしまうと「炎症後色素沈着」というくすみのようなものが出来てしまう事もあるため、慎重な判断が必要です。

日焼け止めは必須!脱毛期間中の紫外線ブロック法!

では、脱毛中に実践して欲しい紫外線対策についてご紹介します!

・UVカットの服を着る
UVカットの衣服を身に着けると、その範囲は紫外線を防いでくれます。日焼け止めクリームとは違い汗で効果が薄れてしまうこともないので、取り入れやすいのではないでしょうか。服のデザインが気に入るものはない場合や、TPOに応じた服を着なければいけない場合は、はUVカットの下着や肌着もあるので、場所を選ばずに取り入れることができます。

・日焼け止めクリームを正しく使う
日焼け止めには、SPFとPAの値が設定されています。SPFは紫外線B波を、PAは紫外線A波に対してブロックする効果があります。SPFの値が大きいほど、紫外線B波の影響を受けるまでの時間を引き延ばすことができ、PAの「+」の数が多いほど紫外線Aを防ぐ効果が高くなります。
SPFとPAの値によって日焼け止めの効果が異なるので、使う状況にあわせて日焼け止めを選ぶことが大切になります。例えば、
○日常生活○
PSF10、PA++

○屋外での軽いスポーツ、レジャー○
PSF20~30、PA++~+++

○炎天下でのスポーツ、レジャー、マリンスポーツ○
PSF30~50、PA++~++++

日焼け止めは、こまめな塗りなおしがカギとなります。どれだけSPFやPAの値が高くても汗で流れ落ちてしまうので、2~3時間に1回は塗りなおすようにしましょう。

・帽子や日傘を使う
最近は男性でもつばのある帽子や、UVカット効果のある日傘を使って日差しを避ける人が多くなってきています。日焼け止めよりサッと使えるので取り入れやすいかもしれません。

・サングラスをかける
どんなに日焼け止めを使っていても、日傘をさしても、目から紫外線が入ってくることはご存知でしょうか?サングラスをして紫外線を目から入れないことも大切です。

これらをうまく取り入れて、脱毛中も日焼けとうまく付き合っていきましょう!

人気の記事